口腔外科に行ってみた



顎変形症のハードルが高い検査料金



認定医がいる病院を探し、診察してもらうことにしました。

顎変形症かどうかは検査が必要になります。

この検査が高額!

インターネットで調べてみると、病院によって違いますが何万もかかります!

これは自費だからです。

顎変形症と認められれば健康保険が効くので、あとで返金されるそうです。

とりあえず10万ぐらい考えておけばいいかなと、お金を用意しました。

一か八か高額な検査費用を払う、なかなかハードルが高いです。



病院に行く理由



何と言って病院を訪れたらいいのか悩みました。

私は口をパカッと開けた時、あごがポキッと鳴ることがあるのが、前から気になっていました。
顎関節症なのではないかと疑っていました。

そこで認定医のいる大きな病院の口腔外科に行くことにしました。

その病院は矯正歯科もあったのですが、私は矯正をメインにしたかったわけではないし、病院のホームページにも『あごの変形』が口腔外科の診療内容に書かれていました。

顎関節症と診断されるかもしれないし、そこで一緒に顎変形症も発見されるかもしれません。



勇気を出して訪れた口腔外科



口腔外科では、男性医師が担当してくれました。
学生を卒業してすぐなんじゃないかと思うような若い先生です。

口を開けた時にあごが鳴ることを伝え、先生が診察してくれました。

軽い顎関節症だと診断をされました。

「それと、あごが小さすぎるのが気になっているんですが、それは原因にはなりませんか?」

診察が終わりそうだったので、思いきってそう聞くと、

「このぐらいのあごが鳴ることは、ほとんどの人がなっています。私もそうです。もっと口が開きにくいとか強い痛みがあるとかでなければ、治療する必要はありません」

そうなんだ。みんななっているんだ、と納得しながらも、小さいあごを意識してもらおうと言葉を発しましたが、先生はわずらわしそうにして、

「マウスピースを作りましょうか?顎関節症が改善するかもしれません」と、言いました。

とりあえずマウスピースを作り、顎変形症に気づいてもらえるように努力しましたが、結局何もないまま診察は終わってしまいました。

まさかの顎変形症の検査もなし!

盛大な肩透かしをくらいました。

私の中では一大決心をして臨んだ診察は、残念な結果になり、多いに落ち込んで家に帰って泣きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。