非常時に直面新たな試練


顎変形症の治療を前に非常時に直面



すぐに母を連れて口腔外科に行きたかったのですが、約1ヶ月が経過してしまいました。

実は当時大きな地震があり、日常がとても不安定になってしまったのです!

反対する家族を説得し、次回書類にサインをして、ついに矯正スタート!

と、いうところで震災が起きました。

一瞬バラ色になった私の心が、凍りついたのです。

病院までは電車で1時間ほどかかります。

まだ余震の続く中、今後また大きな地震が来たら…。

田舎なので電車は運休し、病院まで行けないでしょう。

何度も停電があり、病院の診察時間も短くなっていました。

この先矯正を始めて、途中で病院に通院できない事態になってしまったらどうしよう。

一度ギラギラの矯正器具をつけてしまったら、途中でやめることはできない。

外科手術と併用しなければ、保険は効かなくなるし。

治療中に地震に襲われたら怖い…など、いろいろ心配になってしまいました。

だけどこうしている間にも、私は自分の醜さで、暮らし辛さを感じていました。

通勤電車の中で、突然知らない学生に写真を撮られることもありました。

「変な顔だから勝手にSNSに投稿されて、笑い者にされるんじゃないか…」と、怯えていました。

どうして私には苦難が付きまとうの?

やっと大きな問題が解決しそうなのに!

顎変形症と認められたのに、こんな仕打ち…。

またモヤモヤした毎日を送っていました。



変わらぬ決意



悩んでいるうちに月日が経ってしまうし、一刻も早く治したい!

もしこの先私が何か病気にかかってしまうと、矯正は後回しになり、できなくなるでしょう。

自分の為にだけ使える時間もお金も、この先なくなってしまうかもしれない…。

そう思うと、チャンスは今しかないような気がしました。

ようやく掴んだ希望を自ら手放したくないよ。

やっぱり私は、顎変形症の治療がしたい!

地震騒動から少し落ち着いて来て、病院も営業しているみたいだし、ついに予約を取りました。

もう一歩、踏み出します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。